FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

【マニラ】 タール火山に迫る!タガイタイツアー! 

こんにちは。PTFマニラ支店です。
今日は朝から雨降ってます。一日降りそうなシトシトした雨です。

週末タガイタイに視察に行ってきました。
タガイタイといえば、高原リゾート地で年間平均気温が22度前後と過ごしやすいと言われている街です。
また、タール湖タール火山が有名でたくさんの観光客が訪れます。
なんといっても景観が素晴らしいところです。

そんなタガイタイを今回はピックアップしてみます。

マニラから車で約1時間半、まずはタール湖の湖畔のボート乗り場を目指します。
タガイタイの市内に入ると「ボートレンタル」などのボードを持った客引きがたくさんいますので、ご自身で行かれた場合はぼったくりなどにご注意ください。
タール湖の湖畔に着きました。この日は穏やかで湖も特に荒れていません。
それにしても年間平均気温22度というのを見事に裏切り、とても暑いです。
間違いなく日焼けします。


タガイタイ
■穏やかなタール湖。タール湖の中洲「タールボルケーノアイランド」を目指します。

タガイタイ
■湖を渡るバンカーボート。6人まで乗れます。

タガイタイ
■さて出発です!


ボートで約20分程進むと、タールボルケーノアイランドに到着します。
たくさんのバンカーボートが止まっていました。観光客がたくさん来ているようです。


タガイタイ
■タールボルケーノアイランド側の船着場

タガイタイ
■タールボルケーノアイランドの看板


タールボルケーノアイランドに到着すると、タール火山の火口を目指します。
タール火山は世界最小の活火山と言われているようです。
火口付近を目指すまでの道のりに硫黄臭のガスが吹き出ているところも多々あります。

火口までは歩いて行くか馬に乗っていくかの2通りあります。
今回は歩くのも大変なので馬に乗って目指すことにしました。
馬の場合は30分~40分で到着します。
歩いてトレッキングの場合は、1時間強かかるのではないかと思います。


タガイタイ
■馬乗り場です。たくさんの馬がいます。


タールボルケーノアイランドでは、2つのバランガイが馬乗り(ホースライディング)のサービスをしています。
緑のユニホームを着たバランガイは馬を約300頭、青のユニホームを着たバランガイは約600頭保有しているようです。
馬一頭につきエスコートガイドが付くため、自分で馬を操るなんてことはありません。

さて、火口を目指して出発です。


タガイタイ
■エスコートガイドが付きます。


タガイタイ
■いきなりの急斜面。エスコートガイドも馬に乗って上を目指します。


タガイタイ
■一本道を進みます。


タガイタイ
■たまに渋滞します。


タガイタイ
■硫黄臭のガスが出ているところもチラホラあります。


タガイタイ
■ついに到着。馬はここまでです。あとは徒歩で階段を上ります。


タガイタイ
■最後の階段。ここを上ると火口に出ます。


火口を目指す道は一本道になっています。
上記の画像の通り、急斜面もあります。そのため、落馬する人もたまにいるようです。
怪我の原因になることから、いくつかの旅行会社ではこの馬乗り(ホースライディング)のサービスをしていないところもあります。
もし馬乗りをご選択の場合は、十分にご注意ください。

徒歩にて河口付近を目指す場合も同じ道を通ります。
道中、馬の糞がたくさんありますので、踏まないようにしましょう。

さて、火口に着きました。
壮大な景色です!!!!!!!


タガイタイ
■壮大な景観です。すさまじく大きいです!


タガイタイ
■断崖絶壁です。柵がない場所も多々ありますので十分注意しなければいけません。


タガイタイ
■幅2メートルくらいでしょうか。こういう道もあります。本当に注意しなければいけません。


必ず柵のあるところから景観を楽しむようにしましょう。
また、柵には寄りかかったり、上ってまたいだりしないようにしてください。


ここでは火口に向かってゴルフの打ちっぱなしができます。
韓国人でにぎわっていました。
12球で500ペソ。高いです。。。。。でも打った後は、気持ちがいいのかみんな満面の笑みでした。
ちなみにこの打ち放たれた球は、あとで火口に下りて回収しているようです。
よく考えると大変な作業ですね。


タガイタイ
■火口目掛けて、ゴルフの打ちっぱなし。


景観を楽しんだ後はまた馬に乗って下山します。
下り坂で馬を乗る際は必ず重心を後ろに傾けましょう!
エスコートガイドから「LEAN BACK」と頻繁に言われます。
下山したら、エスコートガイドにチップを渡しましょう。
100ペソでよいと思います。

このツアーに持ってきたほうがよいものは、

*Tシャツの着替え
*タオル
*マスクなどの口や鼻を覆うもの


の2つです。
晴れていれば、本当暑いので汗だくになります。
ツアー終了後は着替えた方がよいです。
マスクなどは持っていったほうがよいと思われます。
馬乗りの場合は、馬が歩くたびに砂が舞うため、砂ぼこりがすごいです。
みなさん忘れずに持参しましょう。


それにしても、火口に行ったことが初めてたっだので、本当興奮した瞬間でした。



■タールボルケーノアイランド

大きな地図で見る

スポンサーサイト

Posted on 2013/07/15 Mon. 11:25 [edit]

category: 【マニラ】 観光地

TB: 0    CM: 0

15

【マニラ】 人気のオプショナルツアー!大自然を満喫パグサンハン川下り! 

こんにちは。PTFマニラ支店です。
ここ最近は雨期が始まったこともあり、時折ゲリラ豪雨に遭遇します。
蒸し暑さは東南アジア特有の気候ですね。

さて、先日マニラ郊外のパグサンハンまで足を運びました。
パグサンハンはマニラから車で約2時間、ラグーナ地区の南東部に位置する地域になります。
パグサンハンといえば、「川下り」です!
今回はその川下りをご紹介致します。

今回お世話になったのはパグサンハンの川沿いに位置するリバービューレストランです。
このリバービューレストランでは、レストラン以外にもボート乗り場、更衣室、お土産物コーナーなどの施設を備えています。
※2013年5月現在、リバービューレストラン前の桟橋は工事中のため、他の乗り場からボートに乗船します。


パグサンハン
■パグサンハンリバービュー

パグサンハン
■更衣室内にはシャワーもあります

パグサンハン
■オープンエアーのレストラン

パグサンハン
■パグサンハンの川のマップ


更衣室があるということは、アクティビティ中に濡れるということです。
ちなみにすごく濡れますので、必ず水着を着用した方がよいかと思います。

さて、上流を目指し、まずは川上りとなります。ボート乗り場からの川の様子は至って穏やかです。
前日に雨が降ったこともあり、この日は上流は濁っているとのことでした。
ボート前の川の様子もすでに濁っていました。普段はもっと綺麗みたいです。


パグサンハン
■ボート乗り場からの川の様子


さて、上流を目指しましょう。
ボートにはスタッフが前に1人、後ろに1人、そしてスタッフに挟まれて2名あるいは3名の参加者の計4~5名の乗船が可能です。


パグサンハン
■川の両端には民家などがあり、ローカルの人たちの生活を垣間見れます

パグサンハン
■10分程上流に上ると民家もなくなり、自然だけが広がります


15分程するとついに川が細くなり、岩がごろごろと転がっているような上流に辿り着きます。


パグサンハン
■ついに上流に到着。こんなところをどうやって進んでいくのか?!?!


さあ、ここからが本番です。どのようにさらに上流を目指すのかというと。。。。
前と後ろにいるスタッフがボートを引っ張っていくのです!!!
岩をつかんだり、岩を蹴ったり、あるいは川の中に入ってボートを引っ張ったりという、
なんというダイナミックさ!どおりで二人ともいい体つきをしているわけです!
スタッフによっては、川の中にある石の場所を覚えて、どのタイミングで岩を蹴って進むのかを把握しているスタッフもいるようです。


パグサンハン
■岩をつかんだり、岩を蹴って進みます。

パグサンハン
■川の中に入って引っ張ったりもします。


30分程進むと、ゴゴゴゴゴーーーっという大きな音が聞こえてきます。
何やらあのカーブの向こう側に何かがあるようです。


パグサンハン
■何か大きな音が聞こえてきます。


パグサンハンの最終目的地の滝です!
前日雨だったこともあり、すごい勢いで水が流れ落ちています!
この滝を見に来るのが最終目的ではありません。
むむむ?!何やらイカダらしきものがありますね。
もしかして、もしかします。そう、イカダに乗って、滝に突っ込むのです!


パグサンハン
■滝の迫力はすさまじいです!イカダあります!


滝にそのまま突っ込むと命の危険がありますので、突っ込みはしません。
滝の右側にちょっとした洞窟があります。そこに向かいます。
滝の真横を通るので、すごい迫力です。怖いと思う方もいらっしゃるかもしれません。
下記の画像を見ると、本当無謀な感じがしますね。笑


パグサンハン
■いざ、滝を目指して!


ということで、ずぶ濡れになります。
このアクティビティに参加する際は必ずヘルメットとライフジャケットを着用します。
帰りは川下りです。スタッフが必死になって引っ張って上ってきた川を帰りはスイスイと下っていきます。
たまにボートが岩にこするので、大丈夫かなと思うこともしばしば。
それにしても楽しいです。
川上り&下りをしている時はカメや鳥、サルなんかも見ることができます。

リバービューレストランに戻ってきたら、すでにお腹はぺこぺこです。
フィリピン料理のランチを頂きました。


パグサンハン
■フィリピン料理のランチ。この日はアドボやパンシットカンコンなどが出ました


パグサンハン地方ではバナナチップが有名みたいです。
70ペソで販売されていました。


パグサンハン
■バナナチップをお土産にどうぞ!


マニラご滞在中に是非パグサンハンまで足を運んでみてください!
雨期の時期は川の増水等の影響で滝まで行くことができない場合もありますが、
滝まで辿り着ければ、すごい迫力の滝を見ることができます!


皆さんのお越しをお待ちしております!


■パグサンハン

大きな地図で見る

Posted on 2013/05/20 Mon. 13:32 [edit]

category: 【マニラ】 観光地

TB: 0    CM: 1

20

【マニラ】 イントラムロス行ってきました!番外編 

こんにちは。STWマニラ支店です。
いや~、昨晩の台風9号は凄かったです。マニラに赴任をして9カ月になりますが、突風と大雨で初めてコンドミニアムが停電インターネットも切断という状況になりました。街中の木々が倒れていたみたいです。今朝、スタッフから「Sir、橋が壊れてて、遅刻しそうです!」とメールが来ました。本当かどうかはわかりませんが、昨日の突風と大雨ならこっちの国の橋は崩壊しそうです!今日もまだ風が強く、傘を差してても濡れてしまいます。


さて今日は、マニラで一番人気のある観光地イントラムロスを数回にわたってご紹介してきましたが、ペディキャブのお兄さんにはイントラムロスを1周してもらったのでその時の写真を番外編としてご紹介します!

フォートサンチャゴからスタートしたペディキャブは、次にマニラ大聖堂に行きました。
マニラ大聖堂イントラムロスの中でも一際目立つ大きな教会です。残念ながら補修工事(2013年まで)のため、中に入ることはできませんでしたが、ステンドグラスなど見どころ満載の教会です。補修工事が終われば、必ず見に行きます!


マニラ大聖堂

マニラ大聖堂

マニラ大聖堂


次は、マニラ大聖堂の近くにある戦争慰霊碑です。大戦中に亡くなった10万人以上の方々への慰霊碑となります。


戦争慰霊碑


どんどん行きましょう!次はサンディエゴガーデンです!ここは入場料が必要です。大人:75ペソ、子供/学生/シニア:50ペソとなります。サンディエゴガーデンは奇妙な形をした要塞で、昔大砲を作っていたという鋳造所跡になります。
※2012年7月現在の料金となります。


サンディエゴ

サンディエゴ

サンディエゴガーデン-03(リサイズ)


続いて、駆け足でいきます!サンタルシア要塞サンアンドレアス要塞の看板!


サンタルシア

サンアンドレス


さて、最後はいつもお世話になっているイミグレーション前を通って、フォートサンチャゴまで戻ります。


イミグレーション


このようにイントラムロスの観光地を見ながら1周すると2時間~3時間程かかります。全部歩くのは大変なので、ペディキャブなどをチャーターして効率よく回ってみてください!



大きな地図で見る

Posted on 2012/07/30 Mon. 12:50 [edit]

category: 【マニラ】 観光地

TB: 0    CM: 0

30

【マニラ】 イントラムロスの城壁を歩く! 

こんにちは。STWマニラ支店です。今日は朝からイミグレーションに行きました。
本当こっちの政府関係の機関は何かと業務が遅いですね。数時間待たされるのはもちろんですが、それを待つフィリピン人達は本当忍耐力があるかと思います。

さて、今日は先日イントラムロスに行った際に城壁を歩きましたので、その時のことをご紹介します。

イントラムロスは城壁で囲まれた街ということは有名ですが、その外壁の長さは全長4.5キロもあると言われています。現在、城壁の外側はゴルフ場になっており、歴史と現代文明が折り重なったように感じます。道が細くなるところもあれば、広場みたいになっているところもあり、地元の子供たちが遊んでいたり、横のゴルフ場を見学している人がいたり、日陰で昼寝をしている人なんかもいます。


城壁

城壁

城壁

城壁


また、城壁のあちこちにはまだ砲台が残っており、スペイン統治下の歴史を感じます。
また、旧日本軍の砲台も残っており、大戦中の歴史も垣間見ることができます。

これはディラオ要塞です。砲台がたくさん残っています。
ちなみに砲台の向こう側はゴルフ場になっています。


ディラオ要塞


これは旧日本軍の砲台です。大戦中に使われたものでしょうか。


日本軍の砲台


もし時間があれば、イントラムロスの城壁を歩いてみてください。

ちなみにたまにゴルフボールが飛んでくるらしいです!ご注意を!!!



大きな地図で見る

Posted on 2012/07/19 Thu. 14:44 [edit]

category: 【マニラ】 観光地

TB: 0    CM: 0

19

【マニラ】 お洒落な街 フォートボニファシオへ! 

こんにちは。STWマニラ支店です。最近は日中は快晴、夕方から雨の毎日です。終日お出掛けになる際は折り畳み傘を忘れないようにしましょう!

さて、今日はグローバルシティーにあるフォートボニファシオをご紹介します。

フォートボニファシオと言えば、マニラの中でもおそらく一番キレイで旬なスポットです。若者はもちろんカップルやフィリピンの富裕層が足を運ぶエリアです。このエリア一帯には外資系のコールセンターの会社がたくさんあります。その一方でテナントビルやホテルの建設が行われていたりとまだまだ完成された街ではありませんが、おそらく2年後、3年後にはマカティのアヤラのようにたくさんの高層ビルからなるエリアになるかと思います。

マカティのアヤラエリアのホテルに滞在をしている方はタクシーで15分~20分程で行くことができます。

フォートボニファシオで必ずと言っていい程、足を運ぶエリアと言えばハイストリートです!

フォートボニファシオ

ハイストリートはガーデンを囲むように約200メートル程の通りの両脇にお店が並んだお洒落なストリートです。服屋さんやレストラン、雑貨屋さん、無印良品やGAPなどもあります。本当にマニラじゃないんじゃないかと思わせるようなキレイな街です。

フォートボニファシオ

上の写真に写っているお店は本屋さんなんですが、地下1階に英訳された日本の漫画が売っていました。英語の勉強になるかもしれません!笑

ハイストリートから道路を挟んで向かい側にはレストランが集まったエリアがあります。日本食レストランやイタリアン、スパニッシュ、中華、フィリピン料理など、その日の気分に合わせてレストランをチョイスすることができます。

フォートボニファシオ

レストラン街から撮ったハイストリートがこちら!雨が降っていたので少し見辛いですが、日中晴れていればまた違ったハイストリートの景色をみることができます。

フォートボニファシオ

ハイストリートからタクシーでマカティやその他エリアに帰る際は、念のためタクシーの料金に気を付けてください。フォートボニファシオはお金持ちの街と思われているため、メーターを使わないタクシーが多々います。必ず乗車の前にメーターを使ってもらうように話しましょう。
ハイストリートからマカティのアヤラエリアまでは100ペソ~120ペソくらいです。

家族で行くのもOK、カップルで行くのもOK、女子同士で行くのもOKなフォートボニファシオ
マニラ旅行中に一度足を運んでみてください。
次回はマーケットマーケットや私のお勧めレストランをご紹介します!


大きな地図で見る

Posted on 2012/07/17 Tue. 10:58 [edit]

category: 【マニラ】 観光地

TB: 1    CM: 0

17

【マニラ】 イントラムロスへ行ってきました!ペディキャブをチャーター編 

こんにちは。STWマニラ支店です。最近ゴキブリとの遭遇率が減ってきました。たまたまでしょうか。

さて、今日はイントラムロスペディキャブで回ってきたのでご紹介します。

フィリピンにはいろんな乗り物があります。タクシー、バス、ジープ、トライシクル(サイドカー付きバイク)、ペディキャブといったように距離や地区によって乗り物を使い分けることができます。例えば、少し遠出する場合はバス、ホテルに行く場合はタクシー、隣町に行く場合にはジープ、バランガイ(最少行政区)内を回る場合はトライシクルやペディキャブなど様々です。

イントラムロス内にはカレッサペディキャブがたくさん走っています。カレッサは一言で言うと馬車です。馬さんが一生懸命走ってくれます。ペディキャブ自転車にサイドカーが付いたものです。運転手のお兄さんが頑張って自転車をこいでくれます。

ペディキャブ

今回はペディキャブをチャーターしました。1時間200ペソと言われたので、同行していたスタッフがタガログ語で150ペソへディスカウントするよう交渉しOKをもらいました。フォートサンチャゴからスタートし、マニラ大聖堂カーサマニラサンオウガスチン教会サンディエゴガーデン旧日本軍の砲台サンタルシア要塞ディラオ要塞イミグレーションなどイントラムロスを1周してくれました。

今回自転車をこいでくれた彼は、観光地を回る途中で写真を撮ってくれたり、観光地の簡単な説明をしてくれました。チャーターした時間は約2時間半です。料金にして約400ペソでいいわけです。観光を終えた後、汗だくになっている彼を見て、フィリピン人でもこんなに汗だくになるんだ、よく頑張ってくれたなと思い、チップも含め600ペソあげました。彼はとても喜んでました。フィリピン人の最低賃金は1日約400ペソです。それを考えると高いと思いますが、悪い彼ではなかったのでそれはそれで良かったと思います。

観光が終わって、精算も済んだ後、銀行のATMはどこかと彼に聞きました。そしたら彼はペディキャブで連れて行ってくれました。それはもちろん無料でした。笑

イントラムロスカレッサペディキャブに乗る時、またはチャーターする時には必ず注意してください。

・価格はペソなのかどうか。最後になってドルと言われるケースがあります。必ず通貨単位を確認してください。
・乗車代とガイド代が別々になっていないかどうか。交渉して乗車しても、最後になってガイド代を別請求されるケースがあります。必ず乗車代にガイド代が含まれているかどうか確認してください。
・料金は1台当たりでいいのかどうか。最後になって1人当たりと言われるケースがあります。


などなど。今回私が体験したペディキャブはいいフィリピン人に巡り会えましたが、観光客を騙してお金を請求するケースが多いため、皆さん気を付けましょう。

Posted on 2012/07/16 Mon. 12:15 [edit]

category: 【マニラ】 観光地

thread: フィリピン旅行  -  janre: 旅行

TB: 0    CM: 0

16

【マニラ】 イントラムロス行ってきました!サンオウガスチン教会編  

こんにちは。STWマニラ支店です。皆さん、週末はいかがお過ごしでしたか?
フィリピンのカジノといえば「PAGCOR」ですが、昨日はその「PAGCOR」の全店舗にてビンゴ大会があったようです。私の友人が参加していました。カジノだけにそのビンゴ大会の賞品はマカオ旅行などが当たるようです。笑

さて、今日はフィリピンの石造建築の中でも最古の教会のひとつと言われているサンオウガスチン教会をご紹介します。

サンオウガスチン

イントラムロスのちょうど中心の当たり、カーサマニラから道路を挟んだ向かい側にサンオウガスチン教会があります。イントラムロスの最北端にあるフォートサンチャゴからイントラムロスの観光をスタートされた方は、カレッサペディキャブなどをチャーターして回るといいかと思います。
カレッサペディキャブをチャーターする際は必ず料金交渉を行い、ぼったくりに遭わないようにしましょう。

サンオウガスチン教会は1600年頃に建てられたそうです。その後、第2次世界大戦や地震などにも耐え、そのままの姿を残すことができたようです。1993年にはユネスコの世界遺産にも登録されました。

それでは、教会の中を見てみましょう。

サンオウガスチン

バロック様式の建築で、細かく彫刻されたデザインやパリから取り寄せられたと言われているシャンデリアは迫力がありました。こういったものが現代にも残っているというのは感動しますね。昔の人たちの技術は想像を超えたものだと思います。よく第2次世界大戦を乗り切ってくれたと思いました。

サンオウガスチン

教会内ではこういったモニュメントも観ることができます。
フィリピン人の宗教心は日本人にはないものを持っていると思います。

サンオウガスチン

フィリピンの富裕層の人の中には、このサンオウガスチン教会で結婚式を挙げることもあるようです。海の見えるチャペルもいいですが、こういった歴史ある教会での結婚式もまた感動がありそうですね。

続いて、サンオウガスチン教会の横には博物館もあります。宗教画や礼服などが展示されている他、礼拝に使う品々も展示されているようで見ごたえがある博物館のようです。

サンオウガスチン

お昼休みと重なってしまい、サンオウガスチン博物館は入りませんでした。また次回チャレンジしたいと思います。営業時間は朝の9時から12時、お昼休みを挟んで13時から17時までとなっています。
※日曜日や祝日も開いています。

サンオウガスチン

マニラにお越しの際は是非フィリピン最古の石造建築物と言われているサンオウガスチン教会に足を運んでみてください。



大きな地図で見る

Posted on 2012/07/16 Mon. 11:18 [edit]

category: 【マニラ】 観光地

TB: 0    CM: 0

16

【マニラ】 イントラムロス行ってきました!カーサマニラ編  

こんにちは。STWマニラ支店です。
今日のマニラは朝から晴れていて気持ちがいいですね。
昨日の雷を伴う夕立ちが信じられないくらいです。

さて、今日はイントラムロス第2弾!カーサマニラをご紹介します。

カーサマニラといえば、19世紀のスペイン統治下の上流階級の邸宅を公開した博物館です。

まずは入場券を購入します。
入場券は博物館の入り口ではなく、近くのお土産屋さんで購入します。
大人:75ペソ、学生/子供:50ペソとなります。
※2012年7月現在の価格となります。

カーサマニラ

入場券を購入したら、カーサマニラの入口へ!
ガードマンに入場券を見せ、中に入ります。
ここでもフォートサンチャゴと同じように、チケットをビリビリっと半分くらい破られました。

カーサマニラ

ここで、カーサマニラ見学の注意事項をご案内します。

・館内は写真撮影禁止
・館内ではレッドカーペットの上のみ歩くことができる


となっています。
上記の写真の階段にレッドカーペットが敷いてありますが、
それが館内にずっと続いていて、その上しか歩くことができません。
また、館内には至る所にガードマンがいますので、こっそり写真撮影をしたり、レッドカーペット以外のところを歩いたりはできませんでした。

館内には当時使われていた家具や骨董品などが展示されていて、
19世紀の上流階級の生活の様子を見ることができます。

博物館を抜けると中庭に行ってみましょう。
ごくごく小さな中庭ですが、ヨーロッパにいるかのような雰囲気があります。

カーサマニラ

この快晴の天気の中、フォートサンチャゴからカーサマニラまで駆け足で観光したので、
そろそろ一休みしたいと思っていたところ、カフェがありました。

カーサマニラ

入口は格子になっていて、牢屋の中にあるカフェみたいです。
ここでコーラをゴクゴクと飲んで一休み。
話がそれますが、東南アジアを観光している時に飲むコーラはなんでこんなにおいしいんでしょうか。笑

一休みした後は、カーサマニラ周辺を散策してみます。
お土産物屋さんを発見しました!お土産物屋さんもオシャレなお店でした。
夜になると店頭にあるライトが付き、きれいなんだろうなと思います。

カーサマニラ

カーサマニラの横には「White Knight」というホテルがあります。
この日は時間もなくホテル視察はできませんでした。
次回、客室などを視察したいと思います。

カーサマニラ

カーサマニラ周辺は異国情緒溢れる建物が多く、散策すると楽しいです。
イントラムロスに行った際には、是非足を運んでみてください。



大きな地図で見る

Posted on 2012/07/14 Sat. 09:52 [edit]

category: 【マニラ】 観光地

TB: 0    CM: 0

14

【マニラ】 イントラムロス行ってきました!フォートサンチャゴ編 

こんにちは。STWマニラ支店です。
今日は雲一つない快晴です。しかも今日は給料日という事もあって気分も晴れ晴れしてます。
ちなみにフィリピンでは15日と月末の月2回の給料日となります。
今月は15日が日曜日のため、前倒しの金曜日の今日となります。

さて、マニラでも唯一の観光地と言ってもいいほどのイントラムロスを紹介したいと思います。
イントラムロスはスペイン語で「壁の内側」という意味のようです。
その名の通り、イントラムロスの地区は城壁で囲まれています。
さらに現在は、その城壁をゴルフ場が囲んでいます!

フォートサンチャゴ
●参照:イントラムロスビジターセンターより

今回はフォートサンチャゴサンチャゴ要塞とも呼ばれています)を見てみましょう!
フォートサンチャゴはフィリピン近代史に必ず登場してくる国民的英雄ホセリーサルの記念館等があります。

フォートサンチャゴ

まずはエントランス横のチケット売り場にて入場券を購入します。
チケット売り場の店員がトレイに行っていたようで、5分ほど待たされました。
フィリピンらしいと言えばフィリピンらしいです。

フォートサンチャゴ

入場料は、大人:75ペソ、子供/学生:50ペソとなっています。
※2012年7月現在の情報となります。

フォートサンチャゴ

入場券は紙ペラペラのもので、これを入口のガードマンに見せ、入場します。
その際、ガードマンに入場券をビリビリっと半分くらい破られます。

フォートサンチャゴ

入口にマップやイベント情報の看板がありました。
フィリピン人の中にはフォートサンチャゴで結婚式を挙げるカップルもいるようです。

フォートサンチャゴ

敷地内はきれいにガーデニングされていて、公園のようです。
カレッサも走ってます。馬さん、暑さで大変そうでした。
観光に来る際は、女性の方は日傘などを持ってきた方がいいかと思います。
あまり日陰になるところがなく、フォートサンチャゴを歩くのはものすごく暑いです。

フォートサンチャゴ

入口を入って左手に進んでいくと、地下道があります。
30メートルくらいはあるかと思います。真っ暗で怖くて入れませんでした。。。

フォートサンチャゴ

その地下道の上に上って撮ったら、こんな景色です。

フォートサンチャゴ

フォートサンチャゴ

敷地内にはこんな人たちも!
十字架を向けられて、退治されそうな気分になりました。

フォートサンチャゴ

敷地を奥に進んでいくと、ようやく正門が見えてきました。
正門を見ると歴史を感じます。
この正門は以前、戦争で崩壊してしまい、再構築されたもののようです。

フォートサンチャゴ

正門を近くで見るとこのような感じです。
正門の下の道に白い点々が見えますよね。
足跡の形をしてるんですが、ホセリーサル最後の足跡と言われています。

フォートサンチャゴ

正門を抜けて奥に進んでいくと、ホセリーサル記念館が左手にあります。
記念館の写真を撮るのを忘れてしまいました。
記念館はホセリーサルの牢屋として使われていたそうです。見た目は2階建ての建物です。
現在は部屋のあちこちに書籍や絵画、衣服などが展示されています。

フィリピンの国民的英雄ホセリーサルは海外留学等もたくさんしていたようで、
日本にも来たことがあったようです。
そこで知り合ったのが、「おせいさん」。ホセリーサルの恋人だった方です。
その「おせいさん」の肖像画がありました。
二人はどんな恋をしたのでしょうか。

フォートサンチャゴ

記念館の最後の方にホセリーサルの「最後の決別」を日本語訳したものがありました。

フォートサンチャゴ

記念館を抜けるとおそらくホセリーサルであろうモニュメントがありました。
その横の建物は博物館になっています。
入場料は確か10ペソだった気がします。私は今回入りませんでした。

フォートサンチャゴ

その後はパッシグ川を見える場所に出ます。
その場所は大戦中、日本兵が多くのフィリピン人を処刑した場所だったそうです。

フォートサンチャゴはスペイン統治下の歴史の一面と日本とフィリピンの大戦中の歴史の一面を見ることができます。

マニラにお越しの際は、是非一度は足を運んでみてください!



大きな地図で見る

Posted on 2012/07/13 Fri. 12:58 [edit]

category: 【マニラ】 観光地

TB: 0    CM: 0

13

【マニラ】 バクラランに行ってきました! 

今日は私がいつも行っている場所を紹介したいと思います。

マカティ(MAKATI)のアヤラ アベニュー(AYALA AVENUE)からバスで約30分の場所バクララン(BACLARAN)です。

バクララン教会出入口

この先にあるのですが、何があると思いますか?
外は問屋さんみたいな感じになっていて、いつ来ても人がたくさんいます!

バクララン教会正面

教会です。

バクララン教会

日本人には人口の1%しかキリスト教信者はいないと言われていますが、フィリピンでは人口の93%がキリスト教信者だと言われています。東アジアにおける最大のクリスチャンの国です。

バクララン教会 バクララン教会

このは日曜日。キリスト教では日曜日は神の日とも呼ばれていてたくさんの人がお祈りをしに来ます。
キリスト教では自ら命を絶つことは大きな罪で、フィリピンでニュースや新聞を見てもたくさんの事件が起きたりしていますが自殺はなかなかありません。どんなに貧しくても苦しくても自殺したり生きる事を諦めない人たちがたくさんいます。
何かを信じるという事は大きな力なのかもしれません。

1906年に設立されフィリピンの中でも大きい教会の一つだと言われています。
日曜日はミサが1日9回 水曜日は1日12回 その他の日は1日3回です。

バクララン教会 バクララン教会

ミサでは聖書を読んだり、みんなで歌を歌ったりしています。
神にお礼を言ったり懺悔したり、終わったあとは心が綺麗になった気持ちになります。
教会はキリスト教ではない人でも中に入る事ができるので一度行ってみるといいですよ。



大きな地図で見る

Posted on 2012/07/03 Tue. 20:53 [edit]

category: 【マニラ】 観光地

TB: 0    CM: 0

03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。